千参百年以上の歴史を誇る関西きってのけんか祭り

毎年10月14日開催

 

由緒正しき喧嘩祭り




 

有田市は須佐神社にて行われる千田祭

 

例祭はかつて九月の初卯日に行われていた。その後、正保四年(一六四七年)、紀伊国和歌山藩藩主・徳川頼宣によって九月十四日に改められる。さらにその後太陽暦に改められて現行の十月十四日に行われるようになった。

 

祭の前日(十三日)は宵宮。翌十四日の神事ののち、拝殿前にて獅子と、鉾・采配を採物とする天狗と鬼からなる獅子舞が奉納される。次いで神社南西に位置する高田ノ浜のお旅所への神輿渡御が行われる。この渡御は途中神輿を地面に投げ落とすなど非常に勇壮かつ荒々しいもので周囲は見物人で溢れかえる。

 

お旅所では獅子舞等が奉納され、夕刻には神前に供えられた六尾の鯛を投げて集まった男たちがこれを奪い合う「鯛投神事(たいなげしんじ)」が斎行される。かつては俗に「婿が欲しけりゃ千田祭」と謳われる程賑わっており、現在でも投げられた鯛を手に入れた者は一年間大漁、豊作、家内安全に恵まれるとして男たちがこれを荒々しく奪い合うことから、「千田のけんか祭り」とも称されるほど。その後、夜半に本殿に還御して神事は終了となる。以上の祭は一三〇〇年以上続く「千田祭」として有田市の文化財に指定されている。

伍つの見処

  • 壱 神事

    10月14日午前10時頃から、例祭の神事が執り行われます。

    その後、法螺貝の呼び出しにより大神輿、子供神輿の担ぎ手や稚児行列の参加者などが続々と集まってきて、拝殿に参列。

    各神輿に対して神霊を乗り移らせる『御霊遷し』が行われたのち、獅子舞が『神迎え』の意味で舞を披露します。

  • 弐 二百段を滑降する神輿

    その後、再び法螺貝の合図で御神幸の列が神社を出発します。

    大榊を先頭にして、獅子、貝吹き、天狗などが続き、そして大神輿が出発。

    神社参道へと連なる200段にもなる石階段を、滑り下ろすように下って行くのです。

    その荒々しく勇壮な姿はこの祭の非常に大きな見どころの一つといえるでしょう。

    大神輿の後に神主、神饌、懸鯛、そして子供神輿と続きます。

    子供神輿は男子用と女子用の2基があり、子供たちは「ワッショイワッショイ!」と掛け声を上げながら御輿を担いで石段を下りていきます。

  • 参 組太鼓の奉納

    御神幸の列が石段を降りきった『二の鳥居』前でしばしひと休みしている間に、8基の『組太鼓』が合流して奉納されます。

    前日の宵宮に地域を巡幸していたこの『組太鼓』も御神幸の列に加わり、高田浜へ向かって進みます。

  • 肆 叩きつけ運ばれる神輿渡御

     

    DSC_4583_300_200渡御の最中、大神輿は何度も地面に放り投げられ、叩きつけられます。

    この光景は非常に勇壮で荒々しく周囲の視線を惹きつけます。そうして、やがて御神幸の列は高田浜と呼ばれる漁港に到着。

    大神輿はそのまま海へと入っていくのです。

     

  • 伍 喧嘩で取り合う鯛投げ神事

     

    DSC_4853_300_200高田浜漁港で大神輿を引き揚げた後、夕方頃より、『鯛投げ神事』が始まります。千田祭りの一番の見どころです。

    漁港に建設された櫓の上から、供えられた6尾の鯛を子供たちが投げると、それを受け取った男たちによる激しい奪い合いが始まります。

    その光景はまさにけんか。『千田の喧嘩祭り』と言われる所以はここに表れます。

    争奪戦を勝ち残り鯛を手に入れた者は、一年間大漁、豊作、家内安全に恵まれると言われています。

    陽も沈んだ午後7時頃、大神輿を中心とした御神幸の列は再び大神輿を神社へ戻し、千田の男たちの激しい祭は幕を閉じるのです。

祭写真

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地図と刻

JR箕島駅 徒歩約50分 駅前タクシー有